二世帯住宅を検討したタイミング

そろそろ二世帯住宅にしようかなぁと考えるようになったタイミングは、父親が糖尿病の合併症で手術をしたので、それを機会に二世帯住宅にした方が安心だし、色々と心配せずに生活することができると感じたからです。子供も中学生になり、だいぶ手がかからなくなってきましたが、今度は親が高齢になり、心配事も増えつつあるので、自宅で対策できるようであれば色々と検討したいと思うようになり、二世帯住宅を検討するようになりました。大手住宅メーカーの相談会へ参加して、建設済みの二世帯住宅を見学することができたので、参考になるので内覧させてもらいました。とても素敵な住まい環境で、これだったら両親も安心して住むことができるなぁと実感できました。お風呂場も二世帯住宅は各々、分けて設置することができるし、何かあったときにはすぐ2階に知らせることができるよう、介護も考慮した住まい環境を考慮した上でイメージ通りに建設してもらうことにしました。

二世帯住宅で成功する秘訣と結果

人の暮らしには色々なものが必要だと思います。家も家族の数で求められるものが違います。私は家族が多いので二世帯住宅も考慮していきました。
二世帯住宅は複雑な内容で設計や作りも考えました。プロに相談してこれの詳しい話を聞いたことがあります。ポイントは自分の意見だけを押し通さないことでした。
二世帯住宅で大事なのは家の中の空間です。私は他の家族の意見を尊重してスペースに余裕を持ちました。また家の中が全て見渡せるような設計は止めました。家族でも普通に仕切りが必要だと考えたからです。
それで家の中の扉を多くして作るようにしました。具体的には防音壁も考慮して家を作りました。やはり家族が多いと騒音などで問題が起こります。二世帯住宅はそういう問題がはっきりしているので対策が必要でした。
このように家族との距離を考えて家を作れば問題も少なかったです。二世帯住宅は多数の家族が生活する空間です。やはりお互いの空間を考えた家が必要だったと思います。

二世帯住宅は今流行りのZEHにしました

二世帯住宅は、今流行りのZEHにしたことで、とても快適な住まい環境になりました。高齢な両親も喜んでくれたし、何より床が快適なのには驚いていました。シーズンによって適温の床になりますし、柔らかい素材で出来た床なので心地よく過ごせるようになりました。二世帯住宅にしたことで、重視したのは省エネルギーの住まい造りです。初期費用はかかるかもしれませんが、やはり光熱費などかなりアップするため、普段の生活の中でこうした光熱費の削減などは大きな重要課題になってきますし、早めに対策すべきだと感じていたのでZEHを重視した住まい環境にしたことで、高断熱・高遮断など様々な点を考慮したマイホームにしました。二世帯住宅は、高齢者が住みやすいことは重要になり、やはり床が硬いと転びやすくなったり、滑るなど色々とトラブルが出てくるので、そういう部分も考慮してZEHマイホームのプランにして二世帯住宅を造り快適になりました。