新築といえば設備が新しくて安心して暮らせると思われがちですが、実際には建設された時期によって変わってくることもあります。新築一戸建てはどうしても価格が高くなりますが、それに見合う効果があるか確かめてから選ばないと後悔することになると言われました。一戸建ては多くの設備があることや維持管理を自分自身でしないといけないため、モデルハウスを見学して選ぶことが大事だと実感したものです。新築の家は必ずしも設備が新しくて良いわけでなく、耐用年数が短い場合もありだまされないようにしないといけないと感じました。
新築一戸建てはどうしても価格が高く失敗をしたくないもので、老後の生活を安心して暮らせるよう細かくチェックしてから決めることにしました。注意すべきことといえばやはり工事が手抜きされていないかであり、実際にトラブルが起きて後悔することもあるようです。また、モデルルームを見学する際に強くアピールするスタッフもいるため、証拠があるのか再確認しないといけないと思いました。