土地を購入したものの、狭くて広い建物を建てられないということがあります。このような時、注文住宅で家を建てると、狭くても素敵な家を建てることができます。例えば家族でこのような狭い土地に家を建てるなら、個人の部屋をそれぞれ持つことは難しいかもしれません。このようなときは、「家族の共用スペース」になるような部屋を作ってみてはいかがでしょうか。例えば、子供が友達を連れてきたときは、一緒に遊べるような空間でありながら、お父さんが仕事をするときは、書斎として使えるような空間です。また赤ちゃんが生まれたら、赤ちゃんが昼寝をするための静かなスぺースにしたり、お母さんが映画鑑賞をしたい時は、オーディオルームに早変わりするような部屋です。四畳半ほどの広さがあれば、このように家族がそれぞれしたいことをできるようなスペースを作ることは可能です。注文住宅の臨機応変さを利用して、狭いからこそ、工夫をして、家族が仲良くなれるような家を建てましょう。