既築住宅も回収して省エネ住宅の基準合った家にすることができます。既に立ってる住宅を省エネ住宅にリフォームするとき最も手軽な方法として窓、ドアなど開口部断熱していきます。窓ガラスを複層ガラスなど断熱性高いのに変更したりしてもかなり効果あります。樹脂製の内窓は熱が伝わりにくくて結露発生を抑えられます。いまついてる窓枠に新たな窓枠かぶせリフォームする外窓交換も、開口部の断熱性能高められます。天井、壁に高性能な断熱材貼り付け回収すれば省エネ性能アップします。壁、床に断熱材貼り付けるとき、構造の補修、フローリングの張替えと組み合わせれば工事スムーズに進み住宅の築年数考え同時施工してみてください。そして、空調、蓄電池など高性能な住宅設備導入するのも可能で、給油器の時は少ないガスでお湯沸かすエコジョーズ、エアコンは統一省エネラベルチェックして評価高いもの購入してみてください。一戸建て住宅で創エネ設備として一般的なのは太陽光発電、給油システムのエネファームです。太陽光発電発は屋根の上設置した太陽光パネルで発電して、足りないところをこれまで通り電力会社から供給してもらいます。