二世帯住宅は、今流行りのZEHにしたことで、とても快適な住まい環境になりました。高齢な両親も喜んでくれたし、何より床が快適なのには驚いていました。シーズンによって適温の床になりますし、柔らかい素材で出来た床なので心地よく過ごせるようになりました。二世帯住宅にしたことで、重視したのは省エネルギーの住まい造りです。初期費用はかかるかもしれませんが、やはり光熱費などかなりアップするため、普段の生活の中でこうした光熱費の削減などは大きな重要課題になってきますし、早めに対策すべきだと感じていたのでZEHを重視した住まい環境にしたことで、高断熱・高遮断など様々な点を考慮したマイホームにしました。二世帯住宅は、高齢者が住みやすいことは重要になり、やはり床が硬いと転びやすくなったり、滑るなど色々とトラブルが出てくるので、そういう部分も考慮してZEHマイホームのプランにして二世帯住宅を造り快適になりました。